保育士の就職活動方法

保育士資格取得後、どのように就職活動をするか?

保育士資格取得別の就職先の探し方

保育士資格の取得後は、多くの方が保育士として働ける職場を探す就職・転職活動を行われるますが、『保育士』の職場探しにもいろいろな方法があります。例えば、短大や専門学校に在学中の場合は、在学する学校に出された求人などから就職先探し、本人と保育所との直接的なやりとりによって就職先が決まるパターンが一般的です。また、実習先でお世話になった保育所から声がかかり、簡単な面接をして内定をもらえることも多くあります。

一般的な学生の就職活動では、エントリーシートを書き企業説明会に足を運ぶといった就職活動がありますが、在学中の学生の場合、保育士として就職先を見つける場合はそのようなケースはほとんどありません。

一方、保育士試験で保育士資格を取得した方の場合は、多くの方が求人サイトやハローワークなどから希望する保育園を探す方法が一般的になっています。近年、保育士不足が社会問題となっており、保育士は引く手あまたの状態が続いています。求人サイトではお祝い金制度や就職支援サポートなどの利用者への利便性や特典など充実させている他、非公開求人など条件の良い求人も増えており、学校内にある就職相談室などと比べても遜色のない環境で就職活動が行えるようになりました。

目標となるゴールを設定しよう

就職活動をはじめる前に目標となるゴールを決めておきましょう。ただ漠然と就職活動をするのではなかなかうまくいくとは言えません。

まず少なくとも、どのような形態で働くのか、どれだけの賃金が必要かなどの自分にとって妥協できない点とある程度なら妥協できる点などを決めておきましょう。

ポイントは人それぞれ異なりますが、例えば公立の保育士(公務員)を目指すのか、勤務時間がしっかりされているところを探すのかなど軸を決めておくことが大切です。

目標の例
  • 年収ベースで350万円以上の保育所を探す
  • 公立保育所から民営化された保育所に限る
  • 週3日程度働けて、勤務に融通がきく保育所にする
  • 企業が運営している保育所に限る
  • 保育園の方針が自分の考えと合っているところを探す など

この目標設定がうまくいっていないと保育所と自分とのミスマッチが起こりやすく環境が合わなかったといった可能性もは高くなっていきます。
就職活動中に目標を明確化しても構いませんので、少なからずある程度の目標を設定してから就職活動を始めてみてください。

そして、冒頭でも述べましたが保育士の求人を探す方法たくさんあります。以下のグラフは保育所勤務経験者の実際に行った求職活動方法になります。

地域性の高い保育士の仕事は、求人広告などトップとなっていますが、ここ数年の間で保育士になられた方は、スマホなどのネットから求人サイト経由での就職活動が伸びてきています。

また、以下は大きくわけた場合の5つの就職活動方法についての解説になります。

1位 保育士バンク

厚生労働省認可の保育士転職サービス!元保育士のコンサルタントが就職まで一貫してサポート
保育士バンク
おすすめ度 10 / 10点満点中 )
求人数 50,000件 非公開求人
対応エリア 全国 コンサルタント料金 無料

保育士の求人件数が業界TOPクラスあり、元保育士や経験豊富なコンサルタントが面談や就職まで徹底サポートしてくれます。非公開求人も多数あり、自分にあった好条件の求人を見つけやすい保育士専門の就職・転職支援サービスです。

保育士求人を探す5つの就職活動方法

就職先を見つける際の方法として、大きくわけますと次の5つの選択肢があります。

インターネットから探す

インターネットでは保育士専門の求人サイトがいくつかあります。勤務形態や地域など詳細な設定をして検索ができるので自分の地域の求人数や賃金の相場を調べるだけでも参考になります。
また、求人の中心は企業が行っている保育施設から個人経営の保育所まで幅広い求人が掲載されています。メリットとして、専任コンサルタントなどがついてくれる求人サイトもあるので、プロに相談しながら就職先を探していきたいと思っている方には心強いサポーターとなってくれるでしょう。

インターネットから探すは次ページ『保育士求人サイトのメリット』で詳しく解説しています。

ハローワークに足を運ぶ

ハローワークでは、足を運ぶ時間がかかりますが、自分の住まいに適した求人を見つけられるほか、ハローワークの職員の方が求人を出している施設への問い合わせや連絡なども行ってくれるのでおすすめです。

地域の私立保育園などを就職先として希望する場合もハローワークや地域の求人雑誌のほうが見つかりやすいです。

もともとハローワークへの求人掲載は無料で行えるため、多額の費用をかけて求人サイトに掲載するよりは、地域のハローワークなどに求人を出してしまったほうがコストを抑えられます。条件の良い求人はすぐに募集が締め切られてしまう場合もあるので定期的にハローワークの求人には目を通しておきたいところです。

特にインターネットに対応していない施設や小規模な保育所の求人などを探すのでしたら、ハローワークは欠かせない場所となるはずです。どのような求人があるのか一度は確認しておきましょう。


求人雑誌や広告から探す

求人雑誌や広告での良い点として、その雑誌やチラシのみに求人を出している場合それを見た方にしか求人の情報を知らない点です。インターネット、ハローワークに比べて求人情報を目に通す人数は少ないのでこまめにチェックしてみましょう。

 

区役所などの募集から探す

公務員の保育士を目指す方にとっては欠かせない方法になります。地方自治体などによって募集方法や試験の日程などが異なります。また年度によっては募集していない場合もあるので、まずは希望する市町村を決め役所へ連絡してみましょう。

例年募集がどのくらいにあるのか、必要な提出資料なども教えてくれます。試験日が重複しなければ複数の市町村に応募しても問題ありません。

 

学校にくる求人から探す

養成学校や大学などを卒業して保育士資格を取得した場合、在学する学校にある求人を利用することができます。多くの学校には『就職相談室』といった施設が設置されており、求人を紹介したり就職活動についてアドバイスをいただけたりすることができます。在学中の生徒の多くがこの施設を利用します。

また、学校によっては卒業後でも求人を紹介してくれるところもあるので、既卒者は一度卒業した学校に問い合わせて確認してみるのも良いでしょう。

保育所によってはハローワークなどには求人を出さず、例年いくつかの学校だけに求人を出すところもあるので、あまり出回らない求人が見つかるかもしれません。

 

主な就職先の探し方を掲載しましたが、どれか一つの方法だけに限定せず少なくとも2通りの方法で行ってみてください。幅広く探すことで、より自分にあった施設を見つける可能性が高まりますし、比較などもしやすいです。
就職活動は大変なイメージを持たれる方が多いかと思われますが、保育士自体は人材不足の傾向が続いており、求人も多くあります。せっかく就職するのでしたらある程度の目標を決めて、納得の行く就職活動を行ってみてください。

1位 保育士バンク

厚生労働省認可の保育士転職サービス!元保育士のコンサルタントが就職まで一貫してサポート
保育士バンク
おすすめ度 10 / 10点満点中 )
求人数 50,000件 非公開求人
対応エリア 全国 コンサルタント料金 無料

保育士の求人件数が業界TOPクラスあり、元保育士や経験豊富なコンサルタントが面談や就職まで徹底サポートしてくれます。非公開求人も多数あり、自分にあった好条件の求人を見つけやすい保育士専門の就職・転職支援サービスです。

スポンサード リンク
ページのトップへ メニューリスト