平成28年保育士試験問題(後期)
教育原理

(選択式10問)

 

問1 次の文は、「日本国憲法」の一部である。誤ったものを一つ選びなさい。

1 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

2 学問の自由は、これを保障する。

3 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

4 すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない。

5 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

 


問2 「学校教育法」第 21 条には、「義務教育として行われる普通教育」の目標が 10 項目掲げられている。次の文は、その一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

一 学校内外における( A )を促進し、自主、自律及び協同の精神、規範意識、公正な判断力並びに公共の精神に基づき主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。

二 学校内外における( B )を促進し、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。

(組み合わせ)

   
1 ボランティア活動 道徳教育
2 ボランティア活動 自然体験活動
3 社会的活動 自然体験活動
4 社会的活動 環境教育
5 道徳教育 環境教育

 

 

問3 次の文は、「幼稚園教育要領」第1章「総則」の第2「教育課程の編成」の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

幼稚園は、( A )との連携を図りながら、この章の第1に示す幼稚園教育の基本に基づいて展開される幼稚園生活を通して、( B )の基礎を育成するよう学校教育法第23 条に規定する幼稚園教育の目標の達成に努めなければならない。幼稚園は、このことにより、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとする。

(組み合わせ)

   
1 初等教育 生きる力
2 初等教育 確かな学力
3 家庭 知・徳・体
4 家庭 確かな学力
5 家庭 生きる力

 

 

問4 次の文の著者として正しいものを一つ選びなさい。

 そこで、活動的な仕事のさまざまな形態を学校に導入することに関して、留意すべき重大な事柄は、これらの形態を通して、学校の全精神が一新されるということである。学校は、将来営まれるべき、ある可能な生活と抽象的で、迂遠な関わりしかもたない学課を学ぶ場所ではなく、自らを生活と関連させ、子供が指導された生活を通じて学ぶ、子供の住みかになる機会をもつものとなる。学校は小型のコミュニティ、胚芽的社会になる機会をもつ。これが基本的事実であり、ここから継続的で、秩序ある教育の流れが生ずる。

1 ロック(Locke, J.)

2 オーエン(Owen, R.)

3 デューイ(Dewey, J.)

4 パーカースト(Parkhurst, H.)

5 キルパトリック(Kilpatrick, W.H.)

 

問5 次の文の著者として正しいものを一つ選びなさい。

子供が日々幼稚園へ来てその日何をするかはあらかじめきめられません。幼稚園として、先ず用意して置けるものは誘導準備だけです。誘導以外のことは、子供が来てからのことであります。子供が来たらば、こういうふうに充実指導をしてやろうと考えて置きましても、幼児自らがどういう活動をするかを見なくてはどう充実してやるべきかわかりません。ただしどういう活動にはどういうふうな誘導を与えてやるかということは、個々の場合を離れて広く研究しておかれることですから、機会に応じて誘導保育案を実行していくことは、幼稚園の平生の心がけだと思うのであります。

1 松野クララ

2 森有礼

3 倉橋惣三

4 城戸幡太郎

5 澤柳政太郎

 

 

問6 次のA~Cは、日本の教育についての記述である。これらを年代の古い順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 鈴木三重吉が『赤い鳥』を創刊した。

B 東京女子師範学校附属幼稚園が創設された。

C 「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)が発布された。

(組み合わせ)

1 A→B→C

2 A→C→B

3 B→A→C

4 B→C→A

5 C→A→B



問7 次の文は、「いじめ防止対策推進法」の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

学校及び学校の教職員は、基本理念にのっとり、当該学校に在籍する児童等の保護者、地域住民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、学校全体でいじめの( A )に取り組むとともに、当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると( B )ときは、適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。

(組み合わせ)

   
1 防止及び早期発見 情報提供があった
2 防止及び早期発見 思われる
3 防止及び早期発見 確証を得た
4 根絶のための啓発 情報提供があった
5 根絶のための啓発 思われる



問8 次の図は、文部科学省の「諸外国の教育統計」2015(平成 27)年版に示された、ある国の学校系統図であり、下はその説明の一部である。どこの国のものか、正しいものを一つ選びなさい。

02_08.JPG

就学前教育:就学前教育は、幼稚園又は小学校付設の幼児学級・幼児部で行われ、2~5歳児を対象とする。

義 務 教 育:義務教育は6~ 16 歳の 10 年である。義務教育は年齢で規定されている。留年等により、義務教育終了時点の教育段階は一定ではない。

初 等 教 育:初等教育は、小学校で5年間行われる。

 

(組み合わせ)

1 アメリカ
2 イギリス
3 ドイツ
4 フランス
5 フィンランド


 

問9 次の文は、「共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進(報告)」(平成 24 年7月 文部科学省)の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

インクルーシブ教育システムにおいては、( A )学ぶことを追求するとともに、個別の教育的ニーズのある幼児児童生徒に対して、自立と社会参加を見据えて、その時点で教育的ニーズに最も的確に応える指導を提供できる、多様で柔軟な仕組みを整備することが重要である。小・中学校における通常の学級、通級による指導、特別支援学級、特別支援学校といった、連続性のある「( B )」を用意しておくことが必要である。

(組み合わせ)

   
1 同じ場で共に 多様な学びの場
2 同じ場で個別に 多様な学びの場
3 適切な場で個別 多様な学びの場
4 同じ場で共に 専門特化した環境
5 同じ場で個別に 専門特化した環境

 


問 10 次の文は、ESD(Education for Sustainable Development)といわれる教育活動 についての説明である。( A )・( B )にあてはまる語句の最も適切な組み合わ せを一つ選びなさい。

 現在、世界には、環境・貧困・人権・平和・開発といった様々な地球規模の課題があり ます。

 ESDとは、地球に存在する人間を含めた命ある生物が、遠い未来までその営みを続け ていくために、これらの課題を自らの問題として捉え、一人ひとりが自分にできること を考え、実践していくこと(think globally, act locally)を身につけ、課題解決につなが る( A )を生み出し、( B )を創造していくことを目指す学習や活動です。

(組み合わせ)

   
1 価値観や行動 多様性を尊重する社会
2 成長戦略 高度に経済発展した社会
3 秩序や社会システム 高度に経済発展した社会
4 成長戦略 持続可能な社会
5 価値観や行動 持続可能な社会

 

平成28年保育士試験問題(後期)
社会的養護

(選択式10問)

問1 次の文は、日本の児童福祉施設の制度的な歩みに関する記述である。適切な記述を ○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 1900(明治 33)年に「感化法」が制定され、同法で少年教護院が規定された。

B 1929(昭和4)年に「救護法」が制定され、救護施設の一つとして孤児院が法律で規定された。

C 1948(昭和 23)年に「児童福祉施設最低基準」が制定され、児童福祉施設の設備、職員の資格と配置基準等が規定された。

D 1997(平成9)年の児童福祉法改正で、教護院の名称が児童自立支援施設に改められた。

 

(組み合わせ)

   
1
2 ×
3 ×
4 ×
5 ×

 

 


問2  次の文は、「社会的養護の課題と将来像」(児童養護施設等の社会的養護の課題に関する検討委員会・社会保障審議会児童部会社会的養護専門委員会)(平成 23 年7月)における「社会的養護の理念と機能」の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ 社会的養護は、保護者のない児童や、保護者に( A )させることが適当でない児童を、公的責任で社会的に養育し、保護するとともに、養育に大きな困難を抱える家庭への支援を行うことである。

・ 社会的養護は、「子どもの( B )のために」という考え方と、「( C )で子どもを育む」という考え方を理念とし、保護者の適切な養育を受けられない子どもを、社会の公的責任で保護養育し、子どもが( D )基本的な権利を保障する。

(組み合わせ)

   
1 監護 基本的人権の保障 地域 安全で安心して暮らせる
2 養護 最善の利益 地域 心身ともに健康に育つ
3 監護 最善の利益 社会全体 心身ともに健康に育つ
4 養護 基本的人権の保障 社会全体 安全で安心して暮らせる
5 監護 最善の利益 社会全体 安全で安心して暮らせる



問3 次の文は、「社会的養護関係施設における親子関係再構築支援ガイドライン」(厚生労働省 親子関係再構築支援ワーキンググループ)(平成 26 年3月)に示された親子関係の再構築における親に対しての具体的な支援に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。

1 親と協働関係を形成し、親子再構築支援の見通しを示す。親も支援プラン作成に関わる。

2 協働養育者として親を尊重し、親との信頼関係を築き、施設が親の安心できる居場所になるように支援する。

3 養育の振り返りを共にし、子どもに与えた影響を理解し、子どもとの関係改善への動機づけを行う。

4 親自身が精神的な問題(未解決なトラウマ体験や衝動コントロールや精神医学的な問題など)を有している場合は、医療機関への受診が家庭復帰の条件として義務づけられている。

5 具体的な養育方法について学べるように、モデルとなって示したり、ペアレントトレーニングを実施したりして教育的な支援をする。


 

問4 次の文は、社会保障審議会児童部会社会的養護専門委員会による「児童養護施設等の小規模化及び家庭的養護の推進のために(概要)」(平成 24 年 11 月)において示された児童養護施設における小規模化及び家庭的養護の推進に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 「本体施設のケア単位の小規模化」を進め、本体施設は、全施設を小規模グループケア化(オールユニット化)していく。

B 「施設によるファミリーホームの開設や支援、里親の支援」を推進し、施設機能を地域に分散させ、施設を地域の社会的養護の拠点にしていく。

C 社会的養護の整備量の将来像として、概ね3分の1が里親及びファミリーホーム、概ね3分の1がグループホーム、概ね3分の1が本体施設という姿に変えていく。

D 将来の児童養護施設の姿は、すべて地域小規模児童養護施設とすることを推進する。

 

(組み合わせ)

   
1 ×
2 ×
3 × ×
4 ×
5 × × ×

 

 

問5 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
Sちゃん(1歳 11 ヶ月、男児)は、乳児院に入所してもうすぐ2年になる。母親は、Sちゃんが生まれてすぐに家出をし、養育に困った父親(37 歳)が児童相談所に相談したことから施設入所となった。父親はタクシーの運転手として正規雇用となったばかりで、養育の手伝いを頼める親族はいない。Sちゃんに発達・発育上の問題はなく、週に一度面会に来る父親になついている。父親は、「今は引き取れないが、Sが小学校高学年頃になって身の回りのことを自分でできるようになれば引き取りたい」と言っている。

【設問】
この【事例】における乳児院の支援方針として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 当面引き取りは見込めないことから、児童養護施設への措置変更を児童相談所と検討 する。

2 父親がすぐにSちゃんを引き取ることができるように、転職を勧める。

3 母親を探し出し、母親にSちゃんの引き取りを促す。

4 Sちゃんを引き取ることができる環境にするため、母親と離婚手続きを取り、再婚を するよう父親に促す。

5 父親はSちゃんを養育することができないと判断し、養子縁組里親を検討する。

 

 

問6 次の文は、入所型の児童福祉施設における子どもの養育・支援に関する記録についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を × とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 施設は集団生活が基本であり、集団における関わりの状況が重要なため、子ども一人一人の記録の必要はなく、生活集団ごとの様子について記録する。

B 施設は多職種の職員によってチームで児童の支援を行っているため、必要に応じて記録を共有する。

C 日々の記録は、支援計画が適切に取り組まれ、その結果効果がみられたかを確認する資料となる。

D 記録内容について職員間でばらつきが生じないように、施設内で共通の記録様式を用いるなど工夫する必要がある。

 

(組み合わせ)

   
1 ×
2 × × ×
3 ×
4 × ×
5 × × ×


 

問7 次の文は、障害児入所施設の役割についての記述である。( A )~( C )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

 障害児入所施設には、家庭ではできない( A )や訓練を行うという役割があるが、家庭で養育することが難しい等、家庭の養育機能上の問題で入所する場合もある。そのため障害児入所施設でも( B )を考慮した援助が必要となっている。こうした役割を担うため、保育士は、入所児童の生活支援に加えさらに( C )も含めたさまざまな役割を期待されるようになっている。

【語群】

ア 早期療育  イ 就労移行支援  ウ 医学的処置  エ 家庭環境  オ 家庭支援  カ 医療行為

(組み合わせ)

   
1
2
3
4
5


 

問8 次のうち、「児童養護施設入所児童等調査結果(平成 25 年2月1日現在)」(厚生労働省)の各施設(里親)における児童の入所(委託)時の年齢の構成割合が最も高いものとして適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 母子生活支援施設 ―― 約 10 歳

B 児童自立支援施設 ―― 約 13 歳

C 里親 ―― 約2歳

D 児童養護施設 ―― 約6歳

 

(組み合わせ)

   
1 ×
2 ×
3 ×
4 × ×
5 × × ×


 

問9 次の文は、「児童養護施設入所児童等調査結果(平成 25 年2月1日現在)」(厚生労働省)に基づく、ある施設種別の状況である。この内容に該当する施設種別として正しいものを一つ選びなさい。

・ 「就学状況」は、「中学校」が約 80%である。

・ 「心身の状況」の「障害等あり」のうち、「ADHD」が約 15%である。

・ 「学業の状況」で「遅れがある」が約 60%である。

・ 「養護問題発生理由」で一般的に「虐待」とされるものが約 40%である。

・ 「児童の今後の見通し」では「保護者のもとへ復帰」が約 60%である。

(組み合わせ)

1 情緒障害児短期治療施設
2 児童発達支援センター
3 児童養護施設
4 児童厚生施設
5 児童自立支援施設


 

問 10 次の文は、入所型の児童福祉施設の運営管理に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 入所児童等に関する情報管理の一環として、児童福祉施設の職員は、退職した職員を除き、利用者である子どもや家族の業務上知り得た秘密を漏らしてはならないという秘密保持義務がある。

B 入所児童の健康管理の一環として、入所児童に対し、入所時の健康診断、少なくとも1年に2回の定期健康診断及び臨時の健康診断を、「学校保健安全法」に規定する健康診断に準じて行わなければならない。

C 児童福祉施設の職員の健康管理の一環として、定期的に健康診断を行うとともに、特に入所児童の食事を調理する者に対して綿密な注意を払わなければならない。

D 職員の人事管理の一環として、必要に応じて精神科医などに相談できる窓口を施設内外に確保するなど、職員のメンタルヘルスに留意する。

(組み合わせ)

   
1 ×
2 ×
3 ×
4 × × ×
5 × × ×

 

コメント(20)

100点!!がんばる!!

70点

85点!

無資格で保育園で働いてます。
合格して次に進みたい!!

95てん

75点

70点だったよ~
100点めざす!無資格のみんながんばれ

95
明日頑張ろう ',

いよいよ明日!
受かりたい!!

今日 いよいよ。
簡単な問題でてきて。。。

合格通知届きました!
受かった方おめでとう
落ちた方次回がんばって下さい

80点!後期絶対受かってみせます!

がんばる

頑張るしかない。ラストチャンス。

80

無事に合格しました!
先日二次も無事終了。結果待ちです!
助かりました!ありがとう~

95点

とにかくがんばりましょう。試験もう少しですね。

社会的養護の問8は正解2では?
参考書の記載と違います。

コメントありがとうございます。

ご指摘いただいた点ですが、現在のままで問題ないようです。

参考書がどのように書かれているかは判断できませんが、問題の内容について念のため調べてみました。

「諸外国の教育統計」平成27(2015)年版
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/data/syogaikoku/1366171.htm
こちらの「「諸外国の教育統計」平成27(2015)年版 (Excel:576KB) 」の資料をご確認ください。

同じ図が正解の国で記載されておりました。

ご確認宜しくお願いいたします。

コメントする

ページのトップへ
採点ボタンへ