平成30年保育士試験問題(前期)
教育原理

(選択式10問)

 

問1 次の文は、「教育基本法」第3条の条文である。( A )~( C )にあては まる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

国民一人一人が、自己の( A )を磨き、豊かな人生を送ることができるよう、その生涯にわたって、あらゆる( B )に、あらゆる場所において学習することができ、その成果を適切に生かすことのできる( C )の実現が図られなければならない。

 

(組み合わせ)

   
1 人間性 機会 社会
2 人格 時期 社会
3 人格 機会 環境
4 人間性 時期 環境
5 人格 機会 社会

 

 


問2 次のうち、「学校教育法」の条文の一部として誤ったものを一つ選びなさい。

1 幼稚園に入園することのできる者は、満3歳から、小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。

2 幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。

3 幼稚園においては、第 22 条に規定する目的を実現するための教育を行うほか、幼児期の教育に関する各般の問題につき、保護者及び地域住民その他の関係者からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言を行うなど、家庭及び地域における幼児期の教育の支援に努めるものとする。

4 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。

5 学校においては、別に法律で定めるところにより、幼児、児童、生徒及び学生並びに職員の健康の保持増進を図るため、健康診断を行い、その他その保健に必要な措置を講じなければならない。

 

 

 

問3 次のA・Bそれぞれの著者として正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 人間は生後1歳になって、真の哺乳類が生まれた時に実現している発育状態に、やっとたどりつく。そうだとすると、この人間がほかのほんとうの哺乳類なみに発達するには、われわれ人間の妊娠期間が現在よりもおよそ1ヵ年のばされて、約 21 ヵ月になるはずだろう。

B どの教科でも、知的性格をそのままにたもって、発達のどの段階のどの子どもにも効果的に教えることができるという仮説からはじめることにしよう。これは、教育課 程というものを考えるうえで、大胆で、しかも本質的な仮説である。

 

ア ヘルバルト(Herbart, J.F.)

イ ブルーナー(Bruner, J.S.)

ウ ポルトマン(Portmann, A.)

 

(組み合わせ)

   
1
2
3
4
5

 

 

 

問4 次の文の著者として正しいものを一つ選びなさい。

 旧教育は、これを要約すれば、重力の中心が子どもたち以外にあるという一言につきる。重力の中心が、教師・教科書、その他どこであろうとよいが、とにかく子ども自身の直接の本能と活動以外のところにある。(中略)いまやわれわれの教育に到来しつつある変革は、重力の中心の移動である。それはコペルニクスによって天体の中心が地球から太陽に移されたときと同様の変革であり革命である。このたびは子どもが太陽となり、その周囲を教育の諸々のいとなみが回転する。子どもが中心であり、この中心のまわりに諸々のいとなみが組織される。

 

1 コメニウス(Comenius, J.A.)

2 ルソー(Rousseau, J.-J.)

3 デューイ(Dewey, J.)

4 キルパトリック(Kilpatrick, W.H.)

5 フレーベル(Fröbel, F.W.)

 

 

問5 次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の人物を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A 玉川学園の創始者。『全人教育論』を著し、労作教育をとり入れた。

B 石門心学の創始者。『都鄙問答』を著し、町人への実践哲学を説いた。

C 能役者、謡曲作家。『風姿花伝』において年齢段階の特質に応じた心や稽古のあり方を説いた。

 

【Ⅱ群】

ア 小原國芳

イ 羽仁もと子

ウ 世阿弥

エ 石田梅岩

 

(組み合わせ)

   
1
2
3
4
5

 

 

 

問6 ESD と は、「 持 続 可 能 な 開 発 の た め の 教 育 」(Education for Sustainable Development)を表す。次の文は、ESDに関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 国際連合は、2005 年から 2014 年までを「国連持続可能な開発のための教育の 10 年(UNDESD)」とし、ユネスコ主導のもとESDの重要性を提唱した。 

B 持続可能な社会では、一人一人が社会の一員として、人間・社会・環境・経済の共生をめざし、生産・消費や創造・活用のバランス感覚を持つことが求められる。

C 持続可能な社会を構築するためには、生産活動と消費活動を優先することが重要であり、「生産消費型」社会の形成を目指している。

 

(組み合わせ)

   
1
2 ×
3 ×
4 × ×
5 × ×




問7 次の文のうち、「絶対評価」についての記述として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 子ども同士を比較して、どちらが優れているかを評価する。

B 集団に準拠した評価であり、集団の質によって結果が左右される。

C 個々の学習者が、教育目標のどこまで到達したかを評価する。

 

(組み合わせ)

   
1 ×
2 × ×
3 ×
4 × ×
5 × ×



問8 次の文は、「児童虐待の防止等のための学校、教育委員会等の的確な対応について」(平成 22 年3月)に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を × とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 児童虐待の疑いがあるが、確証がない時には、まずは学校として確証を得た上で通告しなければならない。

B 学校の教職員は、職務上、児童虐待を発見しやすい立場にあることを再確認し、学校生活のみならず、幼児児童生徒の日常生活について十分な観察、注意を払いながら教育活動をする中で児童虐待の早期発見に努める必要がある。

C 健康診断においては、身体測定、内科検診や歯科検診を始めとする各種の検診や検査が行われることから、それらを通して身体的虐待及び保護者としての監護を著しく怠ること(いわゆるネグレクト)を早期に発見しやすい機会であることに留意すること。

 

(組み合わせ)

   
1
2 ×
3 × ×
4 ×
5 × × ×


 

問9 次の文のうち、中央教育審議会答申「道徳に係る教育課程の改善等について」(平成 26 年 10 月)に述べられた内容として、不適切な記述を一つ選びなさい。

1 道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行うという道徳教育の基本的な考え方は、今後も引き継ぐべきであると考えられている。

2 道徳の授業については、特に小学校高学年や中学校において課題の改善のため、児童生徒の発達の段階を踏まえ、内容や指導方法等を適切に見直すことが必要である。

3 道徳の時間については、道徳教育の要となって人格全体に関わる道徳性の育成を目指すものであることから、各教科と同様に数値による評価を行うことが望ましい。

4 様々な道徳的価値について、自分との関わりも含めて理解し、それに基づいて内省し、多角的に考え、判断することが必要と考えられている。

5 学校における道徳教育は、学校のあらゆる教育活動を通じて行われるべきものである。

 


問 10 次の文は、中央教育審議会答申「子どもの体力向上のための総合的な方策について」(平成 14 年9月)の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

できるだけ児童生徒が体を動かす時間を多く確保できるよう、始業前や休み時間を活用して全校で体を動かす時間を設定するなどの工夫が求められる。その際、児童生徒がより運動することを楽しみ、体力の向上に積極的に取り組むことができるようにすることが重要である。

このため、特に幼稚園や小学校の教員については、子どもの発達段階に応じて、( A )を促したり、体を動かす楽しさや喜びを体験させる指導ができるよう、実技研修などを充実することが求められる。(中略)

さらに、小学校では、地域や学校の実情に応じて( B )の配置に積極的に取り組むことが期待される。中学校の保健体育の教員が小学校の体育を指導するなど異なる校種間の連携協力も効果的である。また、地域のスポーツ指導者を特別非常勤講師としてより一層活用することも求められる。

(組み合わせ)

   
1 外遊び 固定遊具
2 外遊び 体育専科教員
3 外遊び 運動施設
4 やる気 固定遊具
5 やる気 体育専科教員

 

平成30年保育士試験問題(前期)
社会的養護

(選択式10問)

 

問1  次の文は、ある福祉に関係する施設の設立に携わった人物の説明である。その人物として正しいものを一つ選びなさい。

この人物は女学校の教頭であったが、明治 24 年に発生した濃尾地震の被災孤児のための施設、「孤女学院」を開設し、女学校を退職した。その後、入所児童の中に知的障害のある少女がいたことがきっかけとなり、渡米して知的障害児教育を学んだ。また孤児院を、知的障害児を対象とした施設に転換し、施設名称の変更を行った。

 

(組み合わせ)

1 石井十次
2 石井亮一
3 留岡幸助
4 渋沢栄一
5 高木憲次

 

 


問2 次の文は、「児童養護施設運営指針」において示された社会的養護の原理の記述である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ 家庭的養護と( A )化

・ ( B )の保障と自立支援

・ ( C )をめざした支援

・ 家族との連携・協働

・ ( D )と連携アプローチ

・ ライフサイクルを見通した支援

(組み合わせ)

   
1 個別 発達 回復 継続的支援
2 地域 養育 回復 緊急的支援
3 個別 発達 尊厳 緊急的支援
4 地域 養育 尊厳 継続的支援
5 個別 発達 尊厳 継続的支援



問3 次の文は、平成 28 年6月に改正された「児童福祉法」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 国・地方公共団体は、家庭における養育が困難あるいは適当でない児童について、社会性を身につけさせるために、家庭における養育環境よりも集団で生活をおくれる環境で養育することを優先するとした。

B 都道府県(児童相談所)の業務として、里親の開拓から児童の自立支援までの一貫した里親支援を位置付けた。

C 養子縁組里親を法定化するとともに、都道府県(児童相談所)の業務として、養子縁組に関する相談・支援を位置付けた。

D 自立援助ホームを 20 歳になる前まで利用している大学等就学中の者について、22歳の年度末までの間、利用を継続できることとした。

 

(組み合わせ)

   
1
2 × ×
3 × ×
4 ×
5 × × ×


 

問4 次の文は、児童福祉施設における苦情への対応に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 児童福祉施設では、苦情の公正な解決を図るために、苦情の解決にあたり当該児童福祉施設の職員以外の者を関与させなければならないとされている。

B 児童福祉施設は、苦情を受け付けるための窓口を設置する等の必要な措置を講じなければならないとされている。

C 運営適正化委員会は、苦情の解決にあたり、利用者の処遇について不当な行為が行われているおそれがあると認めるときは、施設が所在する市町村長(政令指定都市の長は除く)に通知しなければならないとされている。

D 児童福祉施設は、運営適正化委員会が行う「社会福祉法」の規定による調査に、できる限り協力しなければならないとされている。

(組み合わせ)

   
1
2 ×
3 × ×
4 × ×
5 × × ×

 

 

問5 次の文は、被措置児童等虐待の防止に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 「児童福祉法」において、被措置児童等への虐待行為には経済的虐待が含まれる。

B 「児童福祉法」において、被措置児童等自身による虐待の被害の届出は規定されていない。

C 児童養護施設の長は、児童を現に監護する者として保護者となることから、被措置児童への虐待行為を行った場合、それは「児童虐待の防止等に関する法律」に規定する児童虐待であるとともに、被措置児童等虐待に該当する。

 

(組み合わせ)

   
1
2 ×
3 ×
4 × ×
5 × ×

 

 

問6 次の文は、児童福祉施設に配置されている職員に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 心理療法担当職員は、虐待等による心的外傷のための心理療法を必要とする児童等や、夫等からの暴力による心的外傷等のため心理療法を必要とする母子に、遊戯療法やカウンセリング等の心理療法を実施する。

B 個別対応職員は、虐待を受けた児童等の施設入所の増加に対応するため、被虐待児等の個別の対応が必要な児童への一対一の対応や、保護者への援助等を行う職員を配置し、虐待を受けた児童等への対応の充実を図る。

C 里親支援専門相談員(里親支援ソーシャルワーカー)は、児童養護施設および乳児院に、地域の里親およびファミリーホームを支援する拠点としての機能をもたせ、児童相談所の里親担当職員、里親委託等推進員、里親会等と連携して、里親委託の推進および里親支援の充実を図る。

 

(組み合わせ)

   
1
2 ×
3 ×
4 × ×
5 × ×


 

問7 次の文は、ある児童福祉施設の内容に関する記述である。これらすべてに該当する施設種別として正しいものを一つ選びなさい。

 

・ 対象となる児童は、家庭環境、学校における交友関係その他の環境上の理由により社会生活への適応が困難となった児童である。

・ 医師、心理療法担当職員、児童指導員、保育士、看護師、個別対応職員、家庭支援専門相談員、栄養士を置かなければならないとされている。

・ 児童の家庭の状況に応じ、親子関係の再構築等が図られるように家庭環境の調整を行わなければならないとされている。

(組み合わせ)

1 児童養護施設
2 児童自立支援施設
3 児童心理治療施設
4 児童発達支援センター
5 障害児入所施設


 

問8 次の文のうち、「乳児院運営指針」の一部として正しいものを○、誤ったものを × とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 日常の養育において「担当養育制」を行い、特別な配慮が必要な場合を除いて、基本的に入所から退所まで一貫した担当制とする。

B 施設の備品である玩具、食器、戸棚などは措置費で購入しているため、入所児童には自分の所有物という認識を持たせず、共有のものとして利用させる。

C 個々の乳幼児の発達状況や個性に配慮し、専門的視点から遊びの計画や玩具を用意し、遊びを通じた好奇心の育みや身体機能の発達を支援する。

D 施設は集団での生活であり、自立を目指しているため、日課で決められた食事の時間内に残さず食べることができるように訓練する。

(組み合わせ)

   
1
2 × ×
3 × ×
4 ×
5 × × ×

 


 

問9 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
児童養護施設に勤務するJ保育士は、K君(15 歳、男児)を担当して1か月である。親から身体的な虐待を受けた体験があるK君は、このところ自分より年下の子どもに暴言を吐いたり、学校でも友人とトラブルが絶えない状況である。

【設問】
J保育士のK君に対する対応として不適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A K君の言動は、過去のトラウマ体験が原因であると判断してK君の行動を容認する。

B K君の言動を家族との関係から捉えて考えてみる。

C K君の対応を、愛着対象である自分にすべて任せてほしいと施設長に申し出る。

D K君の強み(ストレングス)に注目して支援する。

E K君の言動の理由について、施設と児童相談所とのケース会議の際にK君を担当している児童心理司とともに検討する。

(組み合わせ)

1 B
2 C
3 B D
4 C E
5 D E


 

問 10 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。
                

【事例】
Mちゃん(1歳2か月、女児)は母親と2人暮らしで、母親が夜、家を空けることが頻繁にあったため、半年前に児童相談所で一時保護された。児童相談所は母親による虐待(ネグレクト)と判断し、乳児院への措置が決定された。母親は、Mちゃんの入所後一度も面会に来なかったが、ある日突然施設を訪れ、Mちゃんを引き取りたいと乳児院に申し出た。

【設問】
この乳児院の家庭支援専門相談員が最初に行うべき対応として、最も適切な記述を一つ選びなさい。

1 虐待を理由に入所した子どもは、法律上、家庭に帰すことができないという規定があることを母親に伝える。

2 親権を有する母親の意思を尊重し、家庭引き取りの手続きを行う。

3 引き取りに関する話は、児童相談所の児童福祉司が担当すべき事柄であり、乳児院は関与してはいけないため、児童相談所に行くように勧める。

4 母娘2人での生活は困難と判断し、母子生活支援施設の利用を勧める。

5 母親が引き取りを希望する理由や母親の生活の状況について、母親の気持ちに寄り添いながら話を聴く。

 

 

ボタンを押すとこれより下に結果が表示されます

コメント(7)

採点の後の「問○は○を選択しました 正解、不正解」
のところから該当の問題の確認ができるようにリンクしてほしい

問4のAの児童福祉施設の職員以外の者を、関与させなければならないとされている。

この解釈が理解出来ないのですが。正解ではないですか?わかる人いますか?


ねこ様へ

「児童福祉施設の設置及び運営に関する基準」
第14条の3の2
「苦情の解決にあたり当該児童福祉施設の職員以外の者を関与させなければならない」児童福祉施設は、

乳児院
児童養護施設
障害児入所施設
児童発達支援センター
情緒障害児短期治療施設
児童自立支援施設

となっているので、上記以外の児童福祉施設では関与は義務ではないのだと思います。

たとえば、保育所の場合は、保育所保育指針では、
「苦情を受け付ける窓口を設置」する義務はありますが、
第三者の関与は義務ではない、というように。

読み取り方が難しい問題ですね。

みぃ様

遅くなりました。解答ありがとうございます。
私もいろいろ考えて自分なりにみぃ様と同じ見解にたどり着きました。

しかしながら児童発達支援センターも該当するのでしょうか?
第三者評価の義務づけ施設(5施設)だけかと、思い込んでいました。
他にも資料によってはいろいろな解釈で文言が書いてありますので、恥ずかしながら資料の正答の多数決で勝手に解釈しています。
独学とは、危険な部分もありますね。

あと残り1か月ほどになりました。
淡々と勉強を進めていきたいと思います。

ありがとうございました。

みぃ様の返信はねこからです。
失礼しました。

たびたび失礼します。

昨日の返信で勘違い項目がありました。
5施設は自己評価義務付け施設ですね。
第三者評価義務付けは6施設でした。

苦手な所を蔑ろにやってはいけませんね。

どちらも50。5問ずつ間違えている

コメントする

ページのトップへ
採点ボタンへ