平成30年保育士試験問題(後期)
教育原理

(選択式10問)

 

問1 次の文は、「教育基本法」第 16 条の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

教育は、( A )に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、( B )は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。

(組み合わせ)

   
1 政治の圧力 教育行政
2 政治の圧力 学校教育
3 不当な支配 教育行政
4 不当な支配 学校教育
5 不当な支配 社会教育

 

 


問2 次の文は、2006 年 12 月に国連で採択された「障害者の権利に関する条約」の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・障害者に関する社会全体(各家庭を含む。)の意識を向上させ、並びに障害者の権利及び尊厳に対する尊重を育成すること。

・あらゆる活動分野における障害者に関する( A )された観念、偏見及び有害な慣行(性及び年齢に基づくものを含む。)と戦うこと。

・障害者の能力及び( B )に関する意識を向上させること。

(組み合わせ)

   
1 一般化 貢献
2 一般化 社会参加
3 定型化 貢献
4 定型化 社会参加
5 定型化 寄与

 

 

問3 次の文のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 ピアジェ(Piaget, J.)は、恩物によって子どもの活動を引き出すことを提唱した。

2 ロック(Locke, J.)は、子どもには生得的な観念があるとして、白紙説を否定した。

3 エレン・ケイ(Key, E.)は、世界で最初の幼稚園を創設した。

4 カイヨワ(Caillois, R.)は、遊びを4つの項目(競争、偶然、模擬、眩め暈まい)に区分した。

5 オーエン(Owen, R.)は、シュタンツで孤児のための学校を経営した。

 

 

問4 次の【Ⅰ群】の思想家についての記述と【Ⅱ群】の人物を結び付けた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A 自宅の書斎の鈴の屋で、古典研究を行い、日本人らしさの探求をした。
B 松下村塾をひらき、儒学・史学・兵学を総合した人間教育を行った。

【Ⅱ群】
ア 伊藤仁斎
イ 荻生徂徠
ウ 本居宣長
エ 吉田松陰
オ 緒方洪庵


(組み合わせ)

   
1
2
3
4
5

 

 

問5 次の文を読んで、【設問】に答えなさい。

必ず邑むらに不学の戸こなく、家に不学の人なからしめん事を期きす。人の父兄たる者、宜よろしくこの意を体認し、その愛育の情を厚くし、その子弟をして必ず学に従事せしめざるべからざるものなり。

【設問】
この文が記載されている法令等の名称を【Ⅰ群】から、発布・公布された年号を【Ⅱ群】からそれぞれ選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A 学制(学制序文、学事奨励ニ関スル被仰出書)
B 教育令
C 教育ニ関スル勅語(教育勅語)

【Ⅱ群】
ア 1868(明治元)年
イ 1872(明治5)年
ウ 1887(明治 20)年

 

(組み合わせ)

    Ⅰ群 Ⅱ群
1
2
3 B
4 B
5 C

 

 

 

問6 次の文は、「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」(内閣府・文部科学省・厚生労働省告示第1号平成 29 年3月 31 日)第1章「総則」の第3「幼保連携型認定こども園として特に配慮すべき事項」の一部である。( A )〜( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

当該幼保連携型認定こども園に入園した年齢により( A )が異なる園児がいることに配慮する等、0歳から小学校就学前までの一貫した教育及び保育を園児の発達や学びの連続性を考慮して展開していくこと。特に満3歳以上については入園する園児が多いことや同一学年の園児で編制される( B )の中で生活することなどを踏まえ、家庭や他の保育施設等との連携や引継ぎを円滑に行うとともに、( C )の工夫をすること。

 

(組み合わせ)

   
1 集団生活の経験年数 学級 環境
2 集団生活の経験年数 学級 指導
3 集団生活の経験年数 集団 環境
4 個別の知識及び技能 学級 指導
5 個別の知識及び技能 集団 指導

 



問7 次の説明文を示している語句として、最も適切なものを一つ選びなさい。

経済的にめぐまれない貧困家庭の幼児に教育、医療、栄養および社会的サービスを含む総合的援助を提供する。小学校入学の時点で同一のスタートラインにたてるようあらかじめ格差を解消しておくことを目的としている。ジョンソン大統領によって始められたアメリカ合衆国の補償教育事業である。貧困の悪循環を断って、平等な教育の機会を提供するものである。

(組み合わせ)

1 ドルトン・プラン      
2 ヘッド・スタート計画      
3 教育効果促進計画      
4 ウィネトカ・プラン      
5 教育優先地域計画      



問8 次の文は、「幼稚園教育要領」(文部科学省告示第 62 号平成 29 年3月 31 日)第1章「総則」の一部である。( A )〜( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

 幼稚園においては、生きる力の基礎を育むため、この章の第1に示す幼稚園教育の基本を踏まえ、次に掲げる資質・能力を一体的に育むよう努めるものとする。

・ 豊かな体験を通じて、感じたり、気付いたり、分かったり、できるようになったりする「( A )の基礎」

・ 気付いたことや、できるようになったことなどを使い、考えたり、試したり、工夫したり、表現したりする「( B )等の基礎」

・ 心情、意欲、態度が育つ中で、よりよい生活を営もうとする「( C )等」

(組み合わせ)

   
1 知識及び技能 思考力、判断力、表現力 学びに向かう力、人間性
2 知識及び技能 学びに向かう力、人間性 思考力、判断力、表現力
3 思考力、判断力、表現力 知識及び技能 学びに向かう力、人間性
4 思考力、判断力、表現力 学びに向かう力、人間性 知識及び技能
5 学びに向かう力、人間性 思考力、判断力、表現力 知識及び技能


 

問9 次の文は、幼稚園における学校評価に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。

1 学校評価の形態として、自己評価、学校関係者評価、第三者評価の3つが考えられる。

2 教職員による自己評価を行うが、その結果を公表する義務はない。

3 幼稚園において、幼児がより良い教育活動を享受できるよう、学校運営の改善と発展を目指し、教育の水準の保証と向上を図ることが重要である。

4 学校評価の結果を踏まえ、各学校が自らその改善に取り組むとともに、評価の結果を学校の設置者等に報告することにより課題意識を共有することが重要である。

5 学校評価の実施そのものが自己目的化してしまわないよう、地域の実情も踏まえた実効性のある学校評価を実施していくことが何よりも重要である。

 


問 10 2015 年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」に掲げられている「持続可能な開発目標」として適切な略称を一つ選びなさい。

1 ODA
2 OECD
3 MDGs
4 SDGs
5 ESD

 

平成30年保育士試験問題(後期)
社会的養護

(選択式10問)

問1 次の文は、「児童の権利に関する条約」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 条約でいう「児童」とは、原則として、20 歳未満のすべての者をいう。

B わが国が条約を批准したのは、「児童虐待の防止等に関する法律」の施行後である。

C 児童の意見表明に際しては、年齢及び成熟度に従って相応に考慮される。

D 締約国による条約履行の進捗状況を審査するため、「児童の権利に関する委員会」が設置されている。

(組み合わせ)

   
1 ×
2 × ×
3 × ×
4 × ×
5 × × ×

 

 


問2 次の文は、社会的養護の歴史に関する記述である。A〜Cを年代の古い順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A セオドア・ルーズベルト大統領の招集により、「第1回白亜館会議(ホワイトハウス会議)」が開催された。この会議において「児童は緊急なやむをえない理由がない限り、家庭生活から引き離されてはならない」などの宣言が行われた。

B ボウルビィ(Bowlby, J.)は「乳幼児の精神衛生」において、母性的養育の剥奪が子どもにとって深刻な影響をもたらすとした。

C バーナード(Barnardo, T.J.)は浮浪児等が生活する施設としてバーナードホームを設立した。この施設では小舎制を採用するとともに里親委託の試みが行われた。

(組み合わせ)

1 A→B→C
2 A→C→B
3 B→A→C
4 B→C→A
5 C→A→B



問3 次の文は、「児童憲章」の一部である。( A )〜( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ 児童は、( A )として尊ばれる。

・ 児童は、( B )として重んぜられる。

・ 児童は、( C )のなかで育てられる。

(組み合わせ)

   
1 個人 社会の一員 よい環境
2 権利の主体 地域社会
3 個人 権利の主体 地域社会
4 社会の一員 よい環境
5 個人 権利の主体 よい環境


 

問4 次の文は、「里親委託ガイドライン」(厚生労働省)の一部である。( A )〜( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

家族は、社会の基本的集団であり、家族を基本とした家庭は子どもの成長、福祉及び保護にとって最も自然な環境である。このため、保護者による養育が不十分又は養育を受けることが望めない( A )のすべての子どもの( B )は、( C )が望ましく、養子縁組里親を含む( D )を原則として検討する。特に、乳幼児は安定した家族の関係の中で、愛着関係の基礎を作る時期であり、子どもが安心できる、温かく安定した家庭で養育されることが大切である。

 

(組み合わせ)

   
1 社会的養育 補完的養護 家庭養護 里親委託
2 社会的養護 代替的養護 家庭養護 里親委託
3 社会的養育 代替的養護 家庭的養護 里親委託
4 社会的養護 補完的養護 家庭的養護 特別養子縁組
5 社会的養育 代替的養護 家庭養護 特別養子縁組

 

 

問5 次の文のうち、「児童福祉法」で定める「児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)」に関する記述として、下線部分が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 共同生活を営むべき住居における相談その他の日常生活上の援助及び生活指導並びに就業の支援を行い、あわせて児童自立生活援助の実施を解除された者に対し相談その他の援助を行う。

B 本事業の対象は、義務教育を終了した児童かつ満 18 歳に満たない児童であって、措置解除者等である。

C 本事業の対象は、「学校教育法」第 50 条に規定する高等学校の生徒、同法第 83 条に規定する大学の学生その他の厚生労働省令で定める者であって、満 18 歳に達した日から満 20 歳に達する日の属する年度の末日までの間にあるもののうち、措置解除者等である。

(組み合わせ)

   
1
2 ×
3 × ×
4 ×
5 × × ×

 

 

 

問6 次の文は、養子縁組里親に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。

1 養子縁組里親に委託される児童は、養子縁組里親になる者と親族関係にある必要がある。

2 養子縁組里親には、里親になるために必須となる指定された研修の受講義務がない。

3 養子縁組里親は、都道府県で作成される養子縁組里親の名簿登録が任意である。

4 養子縁組里親には、欠格事由が定められていない。

5 養子縁組里親には、里親手当は支給されない。


 

問7 次の文は、子育て短期支援事業に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 実施主体は、市町村(特別区及び一部事務組合を含む。)とする。

B 子どもは親と共にいることが必要であり、育児不安といった精神的理由では利用できない。

C この事業の実施施設には、母子生活支援施設は含まれていない。

D 夜間養護等(トワイライトステイ)事業において対象となる者は、保護者の仕事等の理由により、平日の夜間又は休日に不在となる家庭の児童とされている。


(組み合わせ)

   
1 ×
2 ×
3 ×
4 × ×
5 × × ×


 

問8 次の文は、「被措置児童等虐待対応ガイドライン」(厚生労働省)の一部である。( A )〜( C )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

施設運営そのものについては、施設職員と施設長が意思疎通・意見交換を図りながら方針を定めること、相互理解や信頼関係を築き、チームワークのとれた( A )組織作りを進めること、( B )の活用や、( C )の積極的な受審・活用など、外部の目を取り入れ、開かれた組織運営としていくことが重要です。。

 

【語群】

ア 風通しのよい   イ 合理的な   ウ 第三者委員   エ 要保護児童対策地域協議会   オ 行政による監査   カ 第三者評価

 

(組み合わせ)

   
1
2
3
4
5


 

問9 次の文は、児童養護施設の入所手続きに関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。

1 施設と当該児童が直接契約を交わし入所するのが原則だが、児童の年齢が6歳未満の場合には児童相談所の所長が法定代理人となって施設との契約を交わす。

2 施設と保護者が直接契約を交わし入所するのが原則だが、虐待事例などの場合には児童相談所の所長が保護者の代わりに施設との契約を交わす。

3 相談や通告に基づいて、地方裁判所が家庭及び本児等の調査をし、所内の審議を経て、地方裁判所が入所措置を決定する。

4 相談や通告に基づいて、当該児童の居住地(市町村)の福祉事務所が家庭及び本児等の調査をし、所内の審議を経て、市町村長から委託を受けた福祉事務所の長が入所措置を決定する。

5 相談や通告に基づいて、児童相談所が家庭及び本児等の調査をし、所内の審議を経て、都道府県知事から委託を受けた児童相談所の長が入所措置を決定する。


 

問 10 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
Qちゃん(7歳女児)の父親は、半年前に別の女性と暮らすために家を出て行った。その後、母親は精神的に不安定になり、Qちゃんの養育を全くしなくなった。異変に気づいた近隣の人からの児童相談所への通報により、Qちゃんは一時保護となった。母親によれば、夫とは現在離婚調停中である。母親はQちゃんを養育する意思があるものの、就労経験がないため、今後の2人の生活に不安をもっている。

【設問】
次のうち、この時点におけるQちゃんに対する児童相談所の援助指針に関する計画の作成において、最も不適切な記述を一つ選びなさい。

(組み合わせ)

1 実父または実母による養育
2 児童養護施設への入所
3 母子生活支援施設への入所
4 養育里親への委託
5 特別養子縁組


 

ボタンを押すとこれより下に結果が表示されます

コメント(8)

1問ずつ正解・不正解が分かった方がありがたいです。
あと、ニコイチはどちらも6割を超えないと合格しないのだから、合算の合計点で表示されるのは意味がないと思う。

ららさま
貴重なご意見ありがとうございます。
ご指摘の通り、教育原理・社会的養護に関しましてどちらも6割超えないと合格しないため現状の仕様では60点取れたからといって配点が偏っていた場合はどちらかが不合格という状態でした。

現在の仕様上できる範囲で改修しまして、合計得点に加え、下に(教育原理*点 / 社会的養護*点)といった形で配点を追記するようにしました。

現状、30年度前期以降のテストで改修済みとなります。

動作テスト済みですが、万が一不具合などございましたらご連絡いただけますと幸いです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

問10は、5ESDが正解ではないのでしょうか?

5ESDって何でしょうか?
「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」について調べてみましたが問題ないように思います。

合計70点(40点、30点)でした。
ギリギリです。

社会的養護の問5Aに下線が無いかと…。

マミーさん
コメントありがとうございます。
確認いたしましたところ、ご指摘の通りテキストに下線が入っておりませんでした。ご迷惑おかけしまして申し訳ございませんでした。

現在は、修正済みとなっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

エイさん
コメントありがとうございます。
質問の内容につきまして詳しく教えていただくことは可能でしょうか?
問題自体に間違えはないようでした。
ご返信お待ちしております。

コメントする

ページのトップへ
採点ボタンへ