男性保育士 本当のはなし1

男性保育士 本当のはなし1

男性保育士だけの悩み

男性保育士の職場って。。男性保育士の悩みの一つが職場環境です。私が新人保育士だった頃は、周りの人たちからは「女性の先生に囲まれていいな!」とか「美人のおかあさんとかに出会うんでしょ♪」といったようなことを冗談半分でよく言われましたが、当時実際に女性が多くいる職場でリアルに働いている私にとっては、男性が少ないという環境が大きな悩みの一つでした。

男性保育士職場

別の状況に置き換えて想像してみるとわかりやすいかもしれませんが、例えば男性のあなたがもし、「女子大の教室に1年間通うことになりました。」となったらどう感じるでしょうか?「やったー!」と素直に喜べるでしょうか?一日でしたら興味本位などもあり行ってみたいという気持ちになるかもしれません。ただここでは1年間です。1年間毎日頑張って通い、クラスメイトとコミュニケーションをとって、テストでは結果を残さなくてはなりません。そう置き換えてみると多くの男性の方はきっと『楽しみ』より『不安』のほうが大きく感じるのではないでしょうか?教室には女性だらけ。ちょっと大変そうですよね。

私が新人の頃勤務したときは、男性の先生は自分一人でした。これは別に特別なことではなく多くの男性保育士がこのような体験をしています。実際に働き始めた頃ですが、職場に慣れない緊張感と、『男性ひとり』→『仲間がいない』といった不安をとても感じていました。また自分だけが不安を感じるわけではなく、年の近い女性の先生も「どう接したらいいか不安」に思われたり、やりにくいと感じる先生もいます。(女性の先生も男性と同じ職場に立つとは思っていなかったこともあり、そう感じるのは当然のことでもあります。)

逆に年配の女性の先生は初めからとてもフレンドリーに接してくれたりするのでとても頼りがいがあります。

悩みの相談はどうする?

仕事で悩みはつきものですが、誰に相談するか考えたときに仕事の悩みを同じ職場で働いている人に相談したい状況もよく出てきます。そういった時、一般的な会社に勤めているのでしたら仕事帰りに食事でもしながら相談したりもできますが、男性保育士はそうは簡単に仕事帰りに相談することも難しい場合があります。なぜかというともし男性保育士のあなたが女性の先生と2人で食事にいって相談をしたりすると、場合によっては事実無根の噂が流れる可能性があるからです。

実際に他の男性保育士の方にそのことについて尋ねると、『(若い女性の先生とは特に)二人になるときは気をつける』、『保育園の保護者の活動範囲では行動に気をつける』といったような回答が多くみられました。

大きな保育園では特にですが、自分は知らなくても保育園に通う保護者の方々は、男性保育士といっただけで珍しく覚えやすい存在になるのでまったく関わりのないクラスの保護者の方も男性保育士の方をよく覚えてくれてもらえている場合が多いです。

私も新人保育士として働き始めて間もない頃ですが、帰り道を歩いていると「先生!こんばんは、〇〇の母です」といった感じで名前が思い出せないお母さんに声をかけられたこともしばしばありました。実際、仕事中であるときはもちろん、オフのときであれどこで見られているか本当にわからないため、気を抜かないように心がけることが大切です。

さて話は戻りますが、では相談したいときはどうすればいいか?私の場合は、外で相談したいときは1対1は避けて何人かで会うといったルールを決めていました。

仕事上、相談するという行為はとても大切で、どんどん相談してもらいたいです。『相談しずらいから』と不安を溜めてしまうことは一番避けなくてはなりませ。悩みがあったらすぐに相談!でも、外で相談するときは保護者の目などには十分に気をつけてください。

いかがでしたでしょうか?ここまでの話し読んでいただき、男性保育士って意外と大変だな」と思っていただけましたでしょうか?

男性保育士 本当のはなし2』では実際に保育現場であった男性保育士にしかない出来事を紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著作・制作など
現役保育士つくしんぼ先生
なかのゆうと
監修・原作・執筆・編集
著書に『先輩が教えてくれる! 新人保育士のきほん(翔泳社)』、『保育士になろう!(青弓社)』。元私立幼稚園教諭。現役保育士や児童福祉施設などに勤務する方を取材し、保育現場のリアルを発信します。
ページのトップへ メニューリスト