男性保育士 本当のはなし1

男性保育士 本当のはなし1

男性保育士だけの悩み

男性保育士の職場って。。男性保育士の悩みの一つが職場環境です。私は周りの人たちからは「女性の先生に囲まれていいなー」とか「美人のおかあさんとかに出会うんでしょ」などと冗談半分でよく言われますが、実際に働いている私にとっては、男性が少ないという環境が大きな悩みの一つでした。想像してみるとわかりやすいかもしれませんが、例えば男性のあなたがもし、「女子大の教室に1年間通うことになりました。」となったらどうでしょうか?「やったー!」と素直に喜べるでしょうか?一日ならともかく一年間です。きっと、ぞっとするのではないでしょうか?まわりは女性だらけ。おそらく多くの方が肩身を狭くして教室に入っていくのでないかと思います。
私も実際にそうでしたが、多くの男性保育士がこのような体験をしています。実際に働き始めたときは、職場に慣れない緊張感にプラスして『男性ひとり』→『仲間がいない』といった不安をとても感じていました。その予想は見事に的中して、仕事を始めたばかりの頃は年の近い女性の先生ほどやりにくそうな感じありました。(逆に女性の先生も男性と同じ職場に立つとは思っていなかったため、やりにくいのは当然のことだと思います。年配の先生は初めからとてもフレンドリーに接してくれたりします。)

男性保育士職場

また、仕事で悩みはつきものですが、仕事の悩みは同じ職場で働いている人のほうが伝わりやすい相談事もしばしば出てきます。そういった時に一般的な会社に勤めているのでしたら帰りに食事でもしながら相談したりもできますが、男性保育士はそうは簡単にいきません。女性の先生と2人で食事にいって相談などをすると、事実無根の噂が蔓延する可能性があるからです。

自分は知らなくても保育園に通う保護者の方なら、男性保育士といっただけで珍しい存在なのでまったく関わりのないクラスの保護者の方も覚えてくれている場合が多いです。

私も実際帰り道を歩いていると「先生!こんばんは」と名前を思い出せないお母さんに声をかけられたこともしばしばありました。ですのでどこで見られているか本当にわからないため、外でも気を抜かないように心がけることが大切です。私の場合、どうしても相談したいときは1対1は避けて何人かで会うといったルールを決めています。

ここまでの話で少し、男性保育士って意外と大変だな」と思っていただけましたでしょうか?
男性保育士 本当のはなし2』では実際に保育現場であった男性保育士にしかない出来事を紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ メニューリスト