公務員試験とは

倍率は横ばい傾向が続き、公務員人気は継続中

公立の保育施設で保育士として働くには、各自治体が行う採用試験に合格する必要があります。この採用試験を『(公務員として働くための採用試験=)公務員試験』と一般的には呼ばれますが、『公務員試験』はそれぞれの自治体が年に1度定期的な試験を実施している他、欠員が出た場合、不定期に臨時採用を行う場合に行われます。(ただし、退職者がいない場合など職種によっては毎年必ず募集があるわけではなく、採用のない年度もあります。)

採用枠についてですが、近年では自治体によって増加傾向・減少傾向の2つのパターンにわかれてきています。ただ、どちらの場合でも公務員を志望する方が依然として多いため、採用の倍率が高い傾向が続いています。

減少傾向の自治体では、保育所民営化の流れや団塊世代の職員の入れ替えなどが一巡し退職者が出づらくなったこと、増加傾向の自治体では、待機児童解消の対策に伴う保育士不足などが一因としてあげられます。

3.0倍を超える倍率の難関な採用試験

倍率ですが、採用枠の多い少ないに限らず少なくとも2~3倍程度の倍率があり、過去には募集人数や試験日程によっては10倍を超える場合もありましたが、ここ数年は3、4倍程度で落ち着いてきた傾向が見られます。

『渋谷区職員福祉(保育士)2類採用選考』過去の受験者数
年度 採用予定者数 受験者数 最終合格者数 倍率
2017年 15人程度 54人 18人 3.0倍
2016年 15人程度 77人 18人 4.3倍
2015年 20人程度 53人 15人 3.5倍
2014年 40人程度 146人 38人 3.8倍
2013年 30人程度 131人 29人 4.5倍
2012年 10人程度 41人 16人 2.5倍
2011年 18人程度 296人 18人 16.4倍
2010年 20人程度 75人 20人 3.7倍

【グラフ】渋谷区職員福祉(保育士)2類採用選考の採用状況

上記の表は実際に行われた渋谷区の保育士枠の応募者数です。2011年は、他区と試験日程が異なったため、併願する受験者が増え倍率が急増しました。

また、必要な受験資格ですが、採用試験は誰でも受けることができるわけではありません。各自治体によって受験資格や選考方法は異なりますが、年齢が~39歳未満でないと受験することができないといった制限がある場合が見受けられます。少子化が続き売り手市場になったことで以前と比べると受験資格の幅が広がったものの、何らかの制限がある自治体がほとんどですので、受験を考えている自治体の受験資格を確認してみてください。

採用試験の時期は?

選考料などは特になく、試験日は6月〜9月頃に多くの採用試験が実施されています。募集締切りは試験日より1ヵ月程度早いので詳しくは受験を希望する市役所に問い合わせしてみましょう。

【参考】2016年渋谷区の保育士枠の受験資格
  • 昭和54年4月2日〜平成9年4月1日生まれである
  • 保育士資格を有し、都道府県知事の登録を受けている(平成29年3月31日までに保育士資格を取得する見込みの人を含む)

ここ数年の採用者数は横ばい傾向が続く

【グラフ】東京都(3区)保育士採用者数の推移

上のグラフはここ数年のそれぞれの区の募集人数と最終的な合格者の推移になります。倍率が高く職員の募集自体も区によってまばらな場合もありますが、上の3区では比較的安定した人数の募集枠があります。2014年度の採用試験では、世田谷区の合格者数は80名を超えました。依然として、公務員の保育士として働きたい方は多く、人気が高いです。

東京都待機児童マップ
東京都の待機児童マップ。世田谷区の保育士採用枠が多くなるのも納得がいく。
資料:厚生労働省 保育所関連状況取りまとめ(平成28年4月1日)より

選考方法

選考方法ですが、二次~三次選考まであるのが一般的です。
一次試験は択一式による一般教養や専門知識が主で受験地域によっては作文などがある場合もあります。
二次試験以降は適性試験や体力測定、集団行動観察やピアノ、面接など各自治体によって異なります。

一次試験には合格基準はなく、ある程度の人数を二次試験で選考するため、得点の上位者から合格していきます。二次試験以降も一次試験での得点を合わせて総合的に判断されます。 一次試験の合格目安として大体65%~70%以上の得点は最低限必要となるでしょう。受験者が多く、倍率が高い場合はさらに高得点をとる必要がでてきます。

筆記試験等は次ページ以降で詳しく解説していきたいと思います。
公務員試験~筆記試験~  

裏ワザで筆記試験突破

公務員試験~二次試験以降~

公務員試験の一般的な流れ

ここでは江東区職員(福祉)採用試験実施要網を例にとって掲載させていただきます。採用試験実施要網は区役所や出張所などで配布されます。詳しくは区役所に問い合わせしてみて下さい。

1、申込手続き

下記の1、2の書類を合わせて提出して下さい。また、後日送付する受験票に配付することになりますので、申込書に配付した写真と同じ写真をもう1枚用意しておいて下さい。下記の申込書類が全て揃っていないと申し込みができませんのでご注意下さい。なお申込書類は一切返却しませんのでご了承願います。

  • 1、江東区職員採用選考申込書
  • 2、官製ハガキ1枚

2、申込方法、申込期間及び申込先

上記の申込書類を揃えて、次のいずれかの方法により申込んで下さい。
郵送により申し込む場合は、A4判が入る大きさの封筒(角型2号)に申込書類等を入れ、その封筒の表に赤字で『福祉申込書在中』と明記し、必ず簡易書留により郵送して下さい。

方法 申込期間 申込先
郵送申込 平成27年7月1日(水)から
平成27年7月31日(金)まで
(当日消印有効)
〒135-8383
江東区東陽4-11-28
江東区総務部職員人事係
(本庁舎4階)
持参申込 平成27年8月3日(月)から
午前8時30分~午後5時00分
【参考】平成23年度江東区職員(福祉)採用選考案内

3、受験票の交付

受験票については、下記よりお問い合わせください。
総務部 職員課 人事係  窓口:04-04  電話:03-3647-5481

4、選考

第一次試験第二次試験面接、身体検査

5、最終合格発表

第 一次選考日 平成27年8月30日(日)
第一次選考、第二次選考の結果を総合的に判断し、最終合格者を決定します。
合格発表 平成27年10月中旬予定 (第二次選考受験者全員に通知します)

6、合格者の採用時期

最終合格者を採用候補者名簿に登録し、平成28年4月1日以降、必要が生じたつど順次採用します。なお、採用候補者名簿の有効期間は、採用予定日以降1年間となります。

【資料】採用選考実施予定状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著作・制作など
現役保育士つくしんぼ先生
なかのゆうと
監修・原作・執筆・編集
著書に『先輩が教えてくれる! 新人保育士のきほん(翔泳社)』、『保育士になろう!(青弓社)』。元私立幼稚園教諭。現役保育士や児童福祉施設などに勤務する方を取材し、保育現場のリアルを発信します。
ページのトップへ