保育士資格筆記試験

保育士資格筆記試験

2013年の保育士試験から科目名が変更に

2013年の保育士試験より、筆記試験科目の一部と実技試験の分野が変更されました。2012年まで筆記試験は合計10科目ありましたが、変更後は、『精神保健』『小児保健』の科目が統合され『子どもの保健』となり、合計9科目となりました。すべての科目が合格が必要とされる保育士試験では、良い変更内容と言えるでしょう。
また、2013年の試験を目指して初めて保育士資格の取得を目指す方にとっては、新しい科目に一新されているので、スタートしやすい環境になっています。

保育士試験の変更内容比較
2012年まで 2013年~
社会福祉 社会福祉
児童福祉 児童家庭福祉
発達心理学
精神保健
保育の心理学
子どもの保健
小児保健
小児栄養 子どもの食と栄養
保育原理 保育原理
教育原理
養護原理
教育原理
社会的養護
保育実習理論 保育実習理論

合格の目安6割以上の得点を目指す!

筆記試験の合格ラインは、各科目ともにおおよそ6割以上の正答となっており、出題数が20題の場合は12問以上正解することが合格基準となっています。
気をつけておきたいポイントは教育原理と社会的養護の2科目で1科目分になっているテストです。この場合、合格の目安としてはそれぞれの点数を6割以上取り、合計6割以上ではないと合格をもらえません。

保育士筆記試験の合計得点が同じでも合否が別れる場合の図解

一部科目免除とは

合計10科目の全科目を合格することで、実技試験に進めます。全部合格が必要と考えると難易度が高く感じられるかもしれませんが、各科目の難易度はそれほど高くなく、教科が異なっても同じような系統の問題があるので、教科数と比べると、それほど広い学習範囲にはなりません。
とはいいましても、一度の試験で全科目合格はなかなか難しいものです。しかしご安心ください。保育士筆記試験には、一部科目免除というシステムがあります。これは一度合格をした科目は翌々年まで免除(下図参照)されるというものです。
一年目で4科目合格、2年目で残りの4科目合格というパターンでも、実技試験に進むことができます。もし2年目で不合格の科目があった場合も、3年目は不合格だった科目だけを受験すればいいので、当初の計画から『2年間で保育士資格取得』などの計画を立てて受験することも良いと思います。

保育士筆記試験の一部科目免除の図解

筆記試験出題科目は下記の通りになります。各科目の詳細な学習に関しては、通信講座や専門書籍をご参考にして下さい。

筆記試験データ・合格率

筆記試験突破おすすめ『裏ワザ』本

こちらの本ご存知でしょうか?『公務員試験 裏ワザ大全』私はこの本に出会った時に少しばかり興奮してしまった記憶があります。 タイトルにあるように「裏ワザで公務員試験に突破しよう」という主旨の書籍です。「保育士試験と公務員試験は違うのになぜここ紹介するの?」と思われるかもしれませんが、この本は『公務員試験』といっても、5者択一式の攻略法について書かれています。ですので、保育士試験でも同様の効果が期待できます。

『正攻法で解けない問題は、裏ワザで解ける』

キャッチフレーズは『正攻法で解けない問題は、裏ワザで解ける』。最初にこれをみた時は、「なんだか信用できない」といった第一印象がありましたが、一読し終えると内容は私にとって十分価値のあるものでした。

私がこの本を簡単に説明するならば、『問題の盲点を突く。問題作成者も同じ人間なので制作者の立場にたって考えて解く力とコツをつかむ。あり得ない答えは外して正解率を上げていく。』といった感じになります。

例えば、あなたが5者択一式のテストを受けた時、仮に全問同じ番号にマークしないといけないとします。(あり得ない話ですが。)そうなった時にあなたならどの番号にマークするでしょうか?おそらく多くの方が3か4をにするはずです。それは長年の経験から3又は4に正解が多いということを知っているからそのようになるのです。

今の例は誰もが知っていることですが、この本には、「そうだったのか!」と気づかされる攻略法がたくさん載っていますのでぜひ目を通していただきたいです。

しかし注意点としまして、稀にこれだけで勉強を済ませようという方いますが、あくまで補助的な教材として使用することをおすすめします。

(※以上の内容は裏ワザで筆記試験突破のページにも記載しています。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ メニューリスト