保育士の求人例

実際にあった保育士の求人の実例を確認しておこう

保育士の求人について、現役保育士の方はどういったところで条件で働いているのか気になります。先生が初めて勤めた頃はどういった条件でしたか?

僕の場合は、東京の江東区の保育士の募集に応募したことがあるのだけれど、もう10年以上の前の話なので今ではあまり参考にならないかもしれないね。なので、ここでは最新の求人を元にどういった求人があるのか、公立保育所や民間の保育所などそれぞれの実際に募集されていた求人を確認してみよう。

他の求人を見ておくことで、どのくらいが平均なのか把握するために必要ですね。

そうだね。もちろん、給料だけではなく、その保育所の方針や環境など保育所選びには大切なポイントがあるけれど、残念ながらとても賃金を抑えている保育所があるのも事実。そういったところは人の入れ替わりも激しかったりするので、注意が必要だよ。まずはその前にここでは実際にあった求人例を一つずつ目を通してみよう。

保育士として働くといったいどのくらいのお給料と休みがあるのか気になるところです。ここでは実際の求人のデータを集めてまとめました。

傾向としては公立の保育士の方が長期的に勤める場合は給料面が安定しています。短期間(数年間)では、私立と公立の保育所に大きな差はないので、生涯保育士として仕事をしていくのでしたら、一度は公立保育園を目指すのも良いかと思います。

公立保育園(求人:令和元年度 江東区職員(福祉)採用選考実施要綱)

江東区職員(福祉)採用選考実施要綱の給料
令和元年度 江東区職員(福祉)採用選考実施要綱)

勤務条件(抜粋)

給与 初任給195,200円 扶養手当・住居手当・通勤手当・期末手当 勤勉手当等
勤務時間等 1日7時間45分勤務
休日 保育園:土曜日(4週に3回程度)、日曜日、国民の祝日及び年末年始

公務員ということもあり、やはり待遇は抜群です。昇給もしっかりしていますし、保育士をずっと続けたいと思われるなら、是非公務員を目指したいところです。

江東区職員(福祉)採用選考実施要綱の応募資格

注意点としましては、市町村の保育士の求人は年齢制限があります。江東区の場合では、昭和56年の11月2日以降に生まれた方が対象なので、38歳あたりが受験出来る年齢の境界になっています。(非常勤保育士はその限りではありません。)

ただ、これは自治体によって様々ですので公立保育士に関心があるかたは、お住まいの周辺の保育士求人に目を通して、応募資格を把握しておきましょう。

また、2つめの注意点は市町村によって保育士資格を必要とする求人が一つの求人となっている場合です。どういうことかと言いますと、江東区では保育士を有す方の募集で、保育士、児童館、福祉会館、本庁勤務といったようにお役所に勤める仕事まで一緒でした。

江東区職員(福祉)採用選考実施要綱の勤務予定先

ですので、難関の筆記試験を突破して、面接を経て合格したとしても、保育園で勤務するとは限らないのです。一般企業でいいますと、希望の部署に入れない可能性もあるということですね。(※私の場合、一応面接の際に希望している職種を聞かれました。)
求人に応募する前には自分の市町村の求人職種を把握しておきましょう。

認可保育所

認可保育所の求人サイト画面
太陽の子塩見保育園(保育士バンク)

勤務条件(抜粋)

給与

■月給
230,000円~280,000円
・基本給:180,000円~230,000円

■手当
・地域手当:15,000円
・行政手当:22,000円
・資格手当:5,000円
・シフト手当:3,000円
・処遇改善Ⅱ:5,000円

【保育士の平均年収(実績)】
2018年度:442万円~
※弊社正社員として東京23区エリアの園に12ヶ月勤務された方の平均年収

昇給年1回(本人評価、会社業績により支給)
賞与年2回 計3カ月分(7月・12月)
※2017年実績 3.45ヶ月/年
交通費支給 上限月額40,000円(6ヶ月定期支給の場合、上限216,000円)

勤務時間等 7:15〜20:00の間で、実働8時間のシフト制(休憩60分)

残業時間は月5時間程度(1日に換算すると15分程度)
※残業手当は1分単位で支給されます
休日 年間休⽇128日(2019年)
週休2日制(日・他シフトによる)
※月1~2回土曜出勤あり、平日に振替休日あり
祝日
夏季休暇(3日間)
年末年始休暇
有給休暇(取得率高め!)
特別休暇(産休・育休、介護、慶弔)
※産休・育休取得率100%、復帰実績あり
生理休暇
誕生日休暇
子の看護休暇(中学入学前まで)

『認可保育所』は保育士資格取得後、就職先として選ばれるもっともポピュラーな選択肢になります。今回の求人は、保育士バンクに掲載されていた求人から正社員のものを選びました。

2019年9月現在では、保育所の不足の問題や公立保育所の民営化などが重なり、私立保育所の求人は多く、引く手あまたの状態です。特に都心部では求人が多く、今回ピックアップした求人では、2018年度の実績で442万円以上の年収となっており、数年前と比較しても給料の上昇が顕著です。他にも魅力的な求人が多くあるので、ぜひご自身にあった保育所を比較して検討していってみてください。

求人票のここをチェック!

求人票で見落とさないでいただきたいポイントとして、『土曜出勤の振替休日について』です。多くの保育所が土曜保育に対応していますので土曜出勤がありますが、その出勤を翌週などに振替休日として休めるのか、休めないのかで年間の勤務数に大きく違いがでてきます。そのような点も年間を通すと大きな違いでてくるので注意してください。求人票でわからない場合は面接時などにしっかりと確認しておきましょう。

認可外保育所

認可保育所の求人サイト画面
カメリアキッズ田端園(保育士バンク)

勤務条件(抜粋)

給与 【正社員】
<保育士>
月給260,000円~(入社3ヶ月間は契約社員:230,000円/月給)
内訳
基本給:220,000円
住宅手当:23区内30,000円・23区外20,000円・東京都外10,000円
保育士資格手当:30,000円
役職手当:20,000円※施設長
賞与年2回
勤務時間等 7:00~20:00の間で実働8時間シフト制
休日 週休2日制(シフト制)
夏期休暇
年末年始休暇
有給休暇
待遇 社会保険完備
健康診断あり
交通費支給(パート・アルバイトは上限20,000円)
労災保険
産休育休制度
賞与(正社員)年2回
短時間勤務制度
定期健康診断

『認可外保育所』は認可保育園に比べ、基準が緩やかに設けられている施設です。補助金等の収入源はなく、それぞれの認可保育園でも目的や特色、目指す保育内容は異なります。今回の求人は、保育士バンクに掲載されていた求人から正社員のものを選びました。

『認可外保育所』のイメージとして、設置基準に満たないから環境が悪いのでは?といった印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんがそうではありません。大都市のため施設面積の狭さや屋外遊戯施設はないため、認可外で運営しているところも多くあります。また、3才未満など認可保育園に入れなかった園児が通う傾向があるため、保育士として年長さんなど大きな園児より、3才未満の子供たちの保育をしたい方にとってはおすすめの保育所です。

アルバイト、パート

認可保育所の求人サイト画面
社会福祉法人やまぶき会 そよかぜハーモニー保育園(スマイルSUPPORT保育)

勤務条件(抜粋)

給与 時給の相場は1000円から1200円程度。
勤務時間等 1日2〜8時間勤務
休日 勤務形態により異なる。

一般的なパート・アルバイトなどと同じく、時間などに融通がきく勤務体系です。保育所の忙しい時間帯に働く求人もあるので、フルタイムで働くには難しい場合でも保育士として働くことができます。主婦の方や、保育士資格取得前の方に選ばれやすい傾向があります。

仕事内容として保育の補助として勤務する場合が一般的ですので、主担任などで子ども達とより深く関わっていきたいといった方にはあまりおすすめできません。

パート・アルバイトの場合、資格がなくても働ける保育所もたくさんあります。『保育士』に興味を持った方は、勉強をはじめる前に一度こういった形で働いてみると『保育士』という仕事について、やりがいから保育することの大変な面など実際にやってみたないとわからないことがたくさんわかると思います。保育士を目指す方にはとっては良い経験になりますし、保育士を目指すか迷っている方も判断材料の1つになるのでとてもおすすめです。

保育士バンク

厚生労働省認可の保育士転職サービス!元保育士のコンサルタントが就職まで一貫してサポート
保育士バンク
おすすめ度
求人数 業界最大級の求人数 (※公式サイト内、求人検索時にご確認いただけます)
非公開求人 あり
対応エリア 全国
利用料金 完全無料

保育士の求人件数が業界TOPクラスあり、元保育士や経験豊富なキャリアアドバイザーが面談や就職まで徹底サポートしてくれます。もちろん費用はいっさいかかりません。また、非公開求人にも強く、自分にあった好条件の求人を見つけやすいのが特徴です。

また、利用者と保育園双方のニーズを丁寧に伺い、お互いが納得のいくコンサルティングを行っており、無理な紹介は一切しない方針をとっているので、納得のいくまで就職・転職活動ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著作・制作など
現役保育士つくしんぼ先生
なかのゆうと
監修・原作・執筆・編集
著書に『先輩が教えてくれる! 新人保育士のきほん(翔泳社)』、『保育士になろう!(青弓社)』。元私立幼稚園教諭。現役保育士や児童福祉施設などに勤務する方を取材し、保育現場のリアルを発信します。
ページのトップへ