チャイルドマインダー資格とは

少人数保育、家庭的保育のプロフェッショナル

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとは、少人数保育、家庭的保育のプロと呼ばれている資格であり、資格を持っていることで、保護者や自治体と直接契約する「家庭的保育」(保育ママ、家庭福祉員)の仕事をする際にスキルとして認められる場合や、保育士資格とは別に資格を取得することでスキルアップをされる方などがいます。

日本ではあまり聞き慣れない資格かもしれませんが、イギリスでは70年以上の歴史がある資格であり、日本でも待機児童0(ゼロ)に向けた、政府や自治体の取り組みにより保育ママ(家庭福祉員)の拡充やメディアで人気グループが仕事を体験したことで注目を浴び、徐々に広まりつつある資格です。

保育士資格に比べ比較的容易に取得できるのも魅力で、修了目安が3ヶ月~6ヶ月程度、受講費用も月々15,000円程度と短期間で1つの保育系資格を取得することができます。

資格取得方法としては日本ではいくつかの民間の協会が資格を発行していますが、厚生労働大臣認可から優良講座として認定された『NCMA.Japanの英国チャイルドマインダー養成講座』などがメジャーな講座となります。

その他のチャイルドマインダー講座は『チャイルドマインダー通信講座・徹底比較ランキング』をご確認ください。

チャイルドマインダーの詳細

保育士との関連性

個別保育のプロフェッショナルのチャイルドマインダー。今後、保育士からさらにステップアップができ職業の幅も広がります。自宅での託児施設などを開きたい方にもおすすめします。

受験資格

養成セミナー修了者
NCMAの養成セミナーを受講し、修了後に検定試験を受ける。

取得期間の目安

1カ月半(保育士などの経験者向けコース)〜
3カ月(初心者向けコース)

受験費用

1万2600円
セミナー受講料は除く

試験時期

毎月1〜数回
セミナーは東京本部(代々木)・札幌・仙台・新宿・静岡・名古屋・大阪(天王寺)・福岡で開催。

合格率

70%
試験は筆記のみ。合格できなかった人のために、追試験のシステムもある。

資格発足年月

1995年4月

主催団体

NCMA, Japan本部

主催団体の
通信講座
チャイルドマインダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページのトップへ メニューリスト